トー横「歌舞伎町卍会」代表逮捕 「子ども守る」裏で少女と淫行容疑

大山稜
[PR]

 18歳未満の少女にみだらな行為をしたとして、警視庁は22日、職業不詳の男(32)=東京都新宿区=を東京都青少年健全育成条例違反容疑で逮捕し、発表した。男は「ハウル」と自称し、東京・歌舞伎町の「トー横」と呼ばれる一角で炊きだしや清掃活動をする団体「歌舞伎町卍(まんじ)会」の総会長を名乗っていた。

 少年育成課によると、男は昨年12月と今年3月、トー横に出入りしていた都内の少女(16)を自宅に呼び出し、みだらな行為をした疑いがある。「子どもたちを守る活動をしている」と少女を卍会に誘い入れ、「警察に補導された時は21歳だと答えてほしい」と告げていたという。

 少女の母親は男に対し、「自分の娘は16歳。娘とは関わらないで欲しい」と再三にわたって警告し、昨年11月には警察に相談していた。同課は男はその後も20回以上にわたって少女と会い、関係を続けていたとみている。男は「少女は19歳と聞いていた」と容疑を否認しているという。(大山稜)