• アピタル

塩野義のコロナ飲み薬、「緊急承認」の結論持ち越し 厚労省部会

有料会員記事新型コロナウイルス

市野塊
[PR]

 塩野義製薬大阪市)が開発した新型コロナウイルスの飲み薬について、厚生労働省の専門家部会は22日、感染症流行時などに期限付きで迅速に審査する「緊急承認」を初めて適用するかの結論を持ち越した。「さらに慎重に議論を重ねる必要がある」として、7月にも開かれる上部の専門家分科会と合同で改めて公開の場で審議する。

 この薬は「ゾコーバ(一般名・エンシトレルビル)」。軽症者も使える国産初の新型コロナの飲み薬として期待される。ウイルスの増殖を妨げる作用があるとして、軽症や中等症の患者への使用が想定されている。1日1回、5日間服用する。

 塩野義は2月末に「条件付き早期承認」を求めて申請していた。だが、5月に改正医薬品医療機器法が成立し、緊急承認制度が新設されたことを受けて、同月末に申請を緊急承認に切り替えていた。

 審議では、臨床試験(治験)…

この記事は有料会員記事です。残り454文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]