銅メダルでも「本当によかった」 瀬戸大也が見いだした復活への道筋

有料会員記事

ブダペスト=藤木健
[PR]

(22日、水泳世界選手権第5日)

 できることを尽くした、充実感がにじんだ。

 世界選手権で自身通算8個目となるメダルを、瀬戸大也(28=TEAM DAIYA)が男子200メートル個人メドレーでつかんだ。

 過去には4個の金メダルをつかんでいる。ただ、今回は銅メダル。

 物足りなさもあるのでは?

 そんな問いに、きっぱりと言った。

 「いや、うれしい。本当によかった」

 色では測れない価値を、見いだせたからだ。

 まずは、自分の武器を再確認…

この記事は有料会員記事です。残り818文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら