「カズワン」と名付けた男性の無念 「つくった会社がこんなことに」

有料会員記事

米田優人
[PR]

 「知床遊覧船」「KAZUⅠ(カズワン)」――。その名前が報じられるたび、北海道在住の80代男性は胸が締め付けられる。知床半島沖の観光船事故から23日で2カ月。「日本で例がない大きな事故で、毎日報じられてなぁ。こんな悲しいことはないよ」と男性は嘆く。

 20~30代のころ、北海道東部の湖で水上スキーをするのが趣味だった。サケ釣りも楽しみ、船は「遊び」だった。

 そのうち、船に客を乗せる仕…

この記事は有料会員記事です。残り1371文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら