「ロシアが包囲網を…」 ドンバス地方の攻防、ウクライナ側に危機感

有料会員記事ウクライナ情勢

ブリュッセル=青田秀樹
[PR]

 ロシア軍が完全制圧をめざすウクライナ東部ドンバス地方での戦闘は22日も続いた。ウクライナのゼレンスキー大統領は「激しい砲撃を受けている。(ロシアの)目的はドンバスの破壊だ」と非難した。ロシア軍は北東部や南部でもあらためて圧力をかけている模様で、北東部ハルキウ州では犠牲者が相次いだ。

 ドンバス地方の命運は、ルハンスク州セベロドネツクの攻防によって決まるとされる。ロシア軍は同市を攻め立て、ウクライナ軍は化学工場「アゾト」を拠点に抵抗する状況が続いている。

 同州のハイダイ知事はSNS…

この記事は有料会員記事です。残り404文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら