老人ホームに放火して入居者殺害も計画か 職員殺害後に自殺した男

有料会員記事

山本逸生
[PR]

 大阪市平野区の老人ホームで昨年11月、1人で当直勤務中だった女性職員(当時68)を殺害したとして、大阪府警は23日、入居者で直後に自殺した石川誠治容疑者(当時72)を容疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検し、発表した。捜査関係者によると、容疑者のノートには職員を殺害後、ホームに放火して他の入居者を殺害し、自殺する計画が書かれていたという。

 平野署によると、送検容疑は昨年11月16日午後10時半ごろ、大阪市平野区長吉川辺3丁目の住宅型有料老人ホーム1階の事務室で、職員の榊(さかき)真希子さんを金づちで複数回殴って殺害したというもの。

 翌17日朝、榊さんは事務室で死亡しているのが見つかった。石川容疑者はホーム敷地内で遺体で発見され、府警は7階の自室から飛び降りたとみている。

ノートに「火を付けて、煙だらけにする」

 署によると、容疑者の部屋から血の付いた金づちやライター6本、ノートが見つかった。ノートには榊さんを殺害後、ホームに火を付けて他の入居者も殺し、自殺する計画が記されていた。施設や職員への不満のほか、「ライターは各1階に一つずつ使う」「厨房(ちゅうぼう)は早くこじ開けて、油見つけて、火を付けて、煙だらけにする」「オレも701(自室)から飛び降りるか」などと書かれていたという。

 ホームの防犯カメラには、1…

この記事は有料会員記事です。残り239文字有料会員になると続きをお読みいただけます。