山口組系の組幹部を逮捕 特殊詐欺「受け子」グループの統括役か

高嶋将之
[PR]

 被害総額1億円超の特殊詐欺事件で現金を受け取る「受け子」グループを統括していたとして、警視庁は、指定暴力団山口組系組幹部の佐野光治容疑者(46)=東京都世田谷区=を詐欺容疑で逮捕し、23日発表した。調べに対し「全く関与していません」と容疑を否認しているという。

 暴力団対策課によると、佐野容疑者は、さいたま市の80代女性が2017年7月に息子を装った男から電話で「会社のお金が入っているかばんをなくした。会社を首になるかもしれない」とうそを言われ、現金200万円をだまし取られた詐欺事件に関与した疑いがある。女性はその日のうちに市内の駅に呼び出され、息子の会社の関係者を名乗る男に現金を渡していたという。

 同課はこれまでに、被害女性から現金を受け取った男ら受け子のほか、見張り役、受け子からの現金回収役などの複数の容疑者を逮捕。同課は、佐野容疑者がこれらの容疑者を含む受け子グループを統括し、被害者に電話をかける「かけ子」グループ側との連絡調整も担っていたとみている。

 佐野容疑者のグループが関わったとみられる特殊詐欺事件の被害は17年7月~19年1月の約1年半で、1都8県の66件計1億1千万円に上るとみられるという。(高嶋将之)