政権転覆罪に問われた著名民主活動家が初公判 中国、非公開で即結審

有料会員記事

北京=高田正幸
[PR]

 中国で2019年12月以降、同じ会合に参加していた人権派弁護士らが相次いで拘束された事件で、国家政権転覆罪で起訴された著名な法学者で民主活動家の許志永氏(49)の初公判が22日、山東省の裁判所で開かれた。支援者らによると、公判は非公開で開かれ、親族が希望していた傍聴も認められなかった。

 支援者らによると、審理は休憩を挟んで9時間近くに及び、この日に結審した。審議の詳細は明らかになっていないが、許氏はこれまで起訴内容を否定しており、公判でも無罪を主張したとみられる。

 許氏の起訴内容は19年12…

この記事は有料会員記事です。残り389文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    吉岡桂子
    (朝日新聞編集委員=中国など国際関係)
    2022年6月23日22時18分 投稿

    【視点】この画面の彼の写真は、私が撮影したものです。2005年秋、北京の大学街にある彼の事務所で取材した時でした。前向きなニュースでした。「新型「区議」北京で奮闘 党や政府の後押しなしの2人 中国」という見出しで国際面に掲載されました。許さんは人権