御嶽山の噴火警戒レベル1に引き下げ 4カ月ぶり、火山活動低調に

吉沢英将
[PR]

 気象庁は23日、長野・岐阜県境の御嶽山について、5段階ある噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げた。1になるのは4カ月ぶり。

 御嶽山では2月23日に火山性地震が増加したため、同庁は2017年8月以来となるレベル2に引き上げていた。同庁によると、火山性地震や微動は3月中旬以降は低調で、山体の膨張も停滞しているとみられるという。(吉沢英将)