女性が刺されて重傷、男は拳銃で自殺か 大阪・豊中の住宅地

[PR]

 23日午後0時55分ごろ、大阪府豊中市柴原町3丁目の路上で、「女性が刺され、男性が拳銃で頭を撃った」と配送業者の男性から119番通報があった。大阪府警によると、女性は刃物で腹部を刺されて重傷。男は自身の後頭部に拳銃を撃って自殺を図り、搬送先の病院で死亡が確認された。

 豊中署などによると、男は同市山ノ上町、無職の鎌田賢治容疑者(74)で、女性は60~70代。現場は住宅街にある美容院近くの路上で、周辺には刃渡り18センチの刺し身包丁のようなものが残されていた。

 署は鎌田容疑者が女性を刃物で刺したとみて殺人未遂容疑で調べている。鎌田容疑者はその後に自殺を図ったとみられるという。現場は阪急豊中駅から北に約1・5キロの住宅地で、近くには小学校や病院、コンビニなどがある。

 現場近くの会社員の男性(20)は「午後1時ごろに休憩していたら、バーンというでっかい音と女性のギャーという叫び声が聞こえた。まさか拳銃の音とは思わなかった」という。

 近くの自営業の男性(80)は「拳銃の音は聞こえなかったが、パトカーや救急車が来て外を見たら、警察官が20人くらい来てた。ここで20年くらい商売をしているが、拳銃を持ってる人がこの辺にいて、真っ昼間からこんなことが起きるなんて物騒で怖い」と話した。