スーチー氏を刑務所に移送 ミャンマー国軍、威信失墜狙う?

有料会員記事

福山亜希
[PR]

 ミャンマー国軍は22日、昨年2月のクーデター当日から拘束しているアウンサンスーチー氏を、首都ネピドーの刑務所に移送した。刑務所に収容することでスーチー氏の権威を失墜させる狙いがあるとみられる。

 国軍報道官は23日、朝日新聞の取材に対し、移送は法律にのっとったものだと説明。刑務所内の収容施設とは別の建物で「丁寧に扱っている」とした。現地メディアによると、国軍関係者は移送について「安全上の理由」と説明したという。

 スーチー氏は拘束された後、汚職罪や社会不安をあおった罪など少なくとも19件で訴追された。うち6件で有罪判決を受け、計11年の禁錮刑を言い渡された。全て有罪になると、100年を超す禁錮刑になる可能性がある。

 スーチー氏の裁判は、ネピド…

この記事は有料会員記事です。残り446文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら