豊田章男社長の報酬6.8億円 過去最高益で前年より2.4億円増

有料会員記事

近藤郷平
[PR]

 トヨタ自動車豊田章男社長の2022年3月期の役員報酬は、前年より約2億4千万円多い6億8500万円だった。同社が23日に公開した有価証券報告書でわかった。営業利益が過去最高となったことなどを反映しており、トヨタ社長として歴代で最も高額となった。

 報酬額は「固定報酬」と、賞与や株式報酬を合わせた「業績連動報酬」の総額だ。連結子会社における報酬も含んでいる。

 トヨタは今回から社長ら経営トップに「個人別査定」を導入。3兆円に迫る営業利益に豊田氏の経営手腕などを加味したという。

 先行開発を担うジェームス・…

この記事は有料会員記事です。残り184文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら