政府の「節電ポイント」 野党が批判 論点の一つに

有料会員記事参院選2022立憲公明維新国民

鬼原民幸、小手川太朗、小野太郎
[PR]

 節電した家庭にポイントを付与する――。物価高対策の一環として、岸田政権が新たに打ち出した政策について、野党が批判を強めている。電力需要が高まる本格的な夏の到来を前に、参院選の論点の一つとなりそうだ。

 「焼け石に水。節約すれば、電気料金が低くなるに決まっている。政府ではなく、みなさんに『汗をかけ』と言っている。大まちがいの政策だ」

 立憲民主党泉健太代表は23日午後、甲府市内の街頭演説でこう訴え、節電をした家庭にポイントを付与する制度について批判した。

 この制度は、21日に政府が…

この記事は有料会員記事です。残り523文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

あなたにマッチする政党は?

あなたにマッチする政党は?

政策などに関する質問に答えると、あなたの考え方と政党・候補者の一致度が分かります。[記事一覧へ]