「何か書いてある」 修学旅行生が箸袋などに残した50のメッセージ

有料記事

小西良昭
[PR]

 出発したばかりの修学旅行生たちが食べた朝食を片付けていて、旅館のスタッフたちは幾つものメッセージが残されているのに気づいた。

 「何か書いてある」

 「こっちも」

 「すごいね」

声が自然と弾んだ

 その場にいた10人ほどの声が自然と弾んだ。

 ここは京都市中心部の旅館「…

この記事は有料記事です。残り1123文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    菊間千乃
    (弁護士)
    2022年6月26日15時48分 投稿
    【視点】

    中学生の皆さんのやさしさ、思いやりに読んでいる私まで涙してしまいました。日々忙しくしていると、ちょっとした御礼、感謝の言葉すら、後回しになってしまって、自らの余裕のなさを反省することがよくあります。感謝の気持ちを言葉で伝えるって大事ですよね