「不正を主導」とされたスルガ銀元役員、解雇は「無効」 東京地裁

有料会員記事

田中恭太
[PR]

 スルガ銀行によるシェアハウス融資の不正問題で、不正を主導したとして懲戒解雇された元執行役員が、解雇は無効として給与の支払いなどを求めた訴訟の判決が23日、東京地裁であった。三木素子裁判長(小川理津子裁判長代読)は、「解雇理由になった行為を認めるに足りる証拠はなく、解雇は無効」と述べ、本来の定年までの給与分として計1600万円の支払いを同社に命じた。

 原告は執行役員専務でシェアハウスローン担当の営業本部長だった麻生治雄氏(60)。2018年11月に懲戒解雇された。

 判決によると、同社は解雇理由として「審査部門に圧力をかけて融資審査を形骸化させた」「副社長の指示に反し、不適切融資を積極的に推進させた」などの行為を挙げていた。

 だが判決は「麻生氏の要求に問題があるなら、審査担当者は上司に対応を求めるなど、是正を図るべきだがしていない」と指摘。副社長の指示は口頭で、社内で周知もされていないなどとし、どの行為にも十分な証拠がないと結論づけた。

判決と調査報告書は「ほぼ真反対」

 麻生氏は判決後の会見で「事…

この記事は有料会員記事です。残り197文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    菅野志桜里
    (弁護士・国際人道プラットフォーム代表)
    2022年6月24日11時19分 投稿

    【提案】今回のスルガ判決で社会化されるべき課題は、第三者委員会の在り方と検証の仕組みだと思います。 「第三者」の名目で、「一方当事者」たる会社側の虚構のストーリーをバックアップする結果となった今回の第三者委員会(委員長・中村直人弁護士)の責任