第4回参院選候補の6割、新型コロナ「インフル並み」に賛成…朝日東大調査

有料会員記事参院選2022

[PR]

 22日に公示された参院選の候補者たちは、どういう考えや将来像を持ちながら日本の将来を担おうとしているのか。20年目を迎えた朝日新聞社と東京大学・谷口将紀研究室の共同調査からは、新型コロナウイルスやロシアのウクライナ侵攻が、政策的な立ち位置に大きな影響を及ぼしていることが浮かび上がった。

新型コロナの扱い変更、各党で立場に違い

 新型コロナウイルスの感染症法上の扱いを、現行の入院や就業制限などの厳格な措置をとる「2類相当」から、季節性インフルエンザと同じ「5類相当」に引き下げるべきかを尋ねた。候補者全体では賛成派が59%で、反対派の21%を大きく上回った。新型コロナの重症化率や死亡率の低さが要因の一つとみられる。

 政府は現時点での位置づけ見…

この記事は有料会員記事です。残り2769文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    磯部佳孝
    (朝日新聞記者=政治、世論調査)
    2022年6月24日8時56分 投稿
    【解説】

    朝日新聞・東京大学共同調査は、今回の特集記事のように、主要政党の候補者の考えが政策ごとにどのように異なるのかを一覧で見られることに加えて、ご回答をいただいた512人の候補者の回答が選挙区や比例区ごとに比べられることが特徴です。 ぜひ、

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載朝日・東大共同調査(参院選2022)(全30回)

この連載の一覧を見る