天皇ご一家と上皇ご夫妻が黙とう 沖縄戦没者を悼み、平和を願う

有料会員記事

多田晃子

 沖縄戦の犠牲者らを悼む「慰霊の日」の23日、天皇ご一家と上皇ご夫妻はそれぞれのお住まいで、沖縄全戦没者追悼式のテレビ中継を視聴し、黙禱(もくとう)した。上皇さまは皇太子時代の会見で「どうしても記憶しなければならない」四つの日の一つに、この日を挙げている。天皇、皇后両陛下は同日、沖縄政策担当の内閣府政策統括官から話を聞く「進講」を受けた。

 側近によると、ご一家は悲惨な沖縄戦に改めて思いを致し、犠牲者への哀悼の気持ちと平和への願いを新たにした様子だという。

 上皇ご夫妻もこの日、東京・…

この記事は有料会員記事です。残り151文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら