「命どぅ宝」語り継ぐ、復帰50年の沖縄慰霊の日 首相3年ぶり参列

有料会員記事沖縄・本土復帰50年

光墨祥吾
[PR]

 沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦犠牲者らを悼む「慰霊の日」を迎えた。最後の激戦地となった糸満市摩文仁(まぶに)の県平和祈念公園では、県や県議会が主催する沖縄全戦没者追悼式が営まれ、玉城デニー知事が平和宣言を読み上げた。ロシアによるウクライナ侵攻にもふれ、県民多数が犠牲になった沖縄で大切にされてきた言葉「命(ぬち)どぅ宝」(命こそ宝)を語り継ぐと誓った。

 日米で20万人余りが亡くなった地上戦から77年、米軍占領下から日本に復帰して50年。国際情勢の変化を背景として、米軍の訓練激化や負担の拡大、軍事的緊張の高まりへの懸念が広がるなかでの鎮魂と平和への祈りの日となった。

 式典には、新型コロナウイルスの行動制限が緩和されたことを受けて、岸田文雄首相が首相として3年ぶりに出席した。例年の5千人規模の参列者は今年も縮小され、327人となった。参列者は正午にあわせて1分間、黙禱(もくとう)を捧げた。

 玉城知事は平和宣言で、ウク…

この記事は有料会員記事です。残り351文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら