東芝、28日に株主総会 海外ファンド幹部の役員人事が焦点

有料記事

村上晃一
[PR]

 東芝は28日に定時株主総会を開き、新たな経営陣を決める。取締役候補13人に「物言う株主」とされる海外投資ファンドの幹部2人が入ったことに、ほかの取締役が反対する異例の展開となっている。東芝はファンドに身売りして非上場化する流れが加速しており、総会の判断が注目される。

 取締役は現在の8人から13人に増やす。大株主が推薦した新任候補として、米ファンド出身の2人が入った。この人事案について社外取締役の綿引万里子氏(元名古屋高裁長官)が、「特定の株主に偏っている」などと反対している。取締役が会社提案に公然と反対するのは異例だ。

 前社長の綱川智・取締役会議長は取締役候補全員を推奨するとの声明を出している。投資家に議決権行使を助言する米大手2社も全員の「賛成」を推奨した。

 経営再建をめぐっては、国内…

この記事は有料記事です。残り976文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!