広島大会83チーム、7月9日開幕 選手宣誓は春と同じ広の岩本主将

松尾葉奈
[PR]

 第104回全国高校野球選手権広島大会(朝日新聞社、広島県高校野球連盟、県教育委員会主催)の組み合わせ抽選会が24日、広島市西区のコジマホールディングス西区民文化センターであり、参加83チームのトーナメントが決まった。選手宣誓は春季県大会でも務めた広の岩本和也主将(3年)が引き当てた。

 大会は7月9日に開幕し、3年ぶりに全出場校が参加する開会式がマツダスタジアム広島市南区)である。ブラスバンドの応援も復活する。県内8球場を使い、決勝は7月26日に尾道市のぶんちゃんしまなみ球場である。

 85校が参加予定で、向原と上下、加計の3校が連合チームで臨む。春の県大会8強の広陵、崇徳、呉港、呉、大竹、広、三原、尾道はシード校になる。雨などで中断した場合、翌日以降に続きを行う「継続試合」が導入される。

 有観客で開催し、入場時の検温や手指消毒など感染対策を徹底する。接触確認アプリ「COCOA」の登録を求め、利用が難しい場合は氏名や連絡先を記入してもらう。

崇徳に好右腕、呉は堅守、攻撃力の呉港

 今春の選抜大会に出場し、中国大会で準優勝した広陵が頭一つ抜けている。打線は中軸の内海、真鍋の左打者が勝負強く、長打力のある西、俊足の中川らもいて隙がない。140キロ超の直球が魅力の森山、中国大会で背番号1の1年生高尾ら投手層も厚い。

 広陵を追うのが春の県大会準優勝の崇徳、同4強の呉、呉港などのシード校だ。崇徳はエース右腕の宮原が要。県大会では準決勝までの4試合に先発し、緩急をつけた投球で計1失点と好投した。呉は県大会4試合で2失策と堅守が光り、呉港は4番の田中多を中心に攻撃力が高い。

 選抜に出場した広島商や昨夏優勝校の広島新庄も上位をうかがう。(松尾葉奈)