第1回自公、改選過半数上回る勢い、維新は倍増視野 朝日序盤情勢調査

有料会員記事参院選2022

[PR]

 7月10日投開票の参院選について、朝日新聞社は22、23日、全国の有権者を対象に電話とインターネットによる情勢調査を行い、取材で得た情報も加え、序盤情勢を探った。現時点では、自民、公明の与党は改選過半数(63議席)に達し、非改選を含めた定数の過半数(125議席)を上回る勢い。選挙戦を左右する1人区で野党はふるわず、立憲民主が改選23議席を割り込む可能性がある一方、日本維新の会は改選6議席の倍増も視野に入る。

 【電話調査の方法】 コンピューターで無作為に電話番号を作成し、固定電話と携帯電話に調査員が電話をかけるRDD方式で、22、23の両日に全国の有権者を対象に調査した。固定は有権者がいると判明した9089世帯から5012人(回答率55%)、携帯は有権者につながった1万1897件のうち5274人(同44%)、計1万286人の有効回答を得た。

 【インターネット調査の方法】 22、23の両日、インターネット調査会社4社に委託して実施した。各社の登録モニターのうち、全国47都道府県の有権者を対象に調査した。全国で計8万549件の有効回答を得た。

 調査時点で投票態度を明らかにしていない人が選挙区で5割、比例区で4割おり、情勢が今後大きく変わる可能性もある。

 自民、公明に、憲法改正に前向きな維新や国民民主を合わせると、改憲の国会発議に必要な3分の2(166議席)に迫る。

自民、千葉や東京では2議席が有力 接戦を演じているのは…

 自民は選挙区では改選36議…

この記事は有料会員記事です。残り866文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2022年6月24日10時27分 投稿
    【視点】

     この記事を読まれた皆さん、どうされます?  人間の行動に関する学問の世界では、勝ってる方に乗ろうとなればバンドワゴン効果、負けてる方がんばれとなればアンダードッグ効果と呼ばれます。そしていずれにせよ、ある情報が広まることが人々の行動に与

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年6月23日23時17分 投稿
    【視点】

    今回の参院選は18日間の長丁場です。情勢調査はその時点のデータをもとに予測式にあてはめて推計した、いわばスナップショットということになります。序盤から終盤、そして投開票日本番へと情勢が大きく変化していった選挙は実際にあり、「情勢が今後大きく

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載朝日情勢調査 参院選2022(全110回)

この連載の一覧を見る