三井住友FG、SBIに796億円を出資 ネット証券分野を強化へ

有料会員記事

細見るい、山本恭介
[PR]

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)は23日、ネット金融大手SBIホールディングス(HD)に796億5千万円を出資すると発表した。SBIHDの約1割の株式を握る主要株主となって協業を加速し、遅れていたネット証券分野を強化するねらいがある。

 SBIHDの第三者割当増資三井住友FGが引き受ける形で出資し、業務面での連携を強める。

 具体的には、個人向けネットバンキング「SMBCダイレクト」や三井住友カード会員向けのネットサービス「Vpass」などの利用者がアプリ上でSBIのオンライン証券サービスを使えるようにする。保険やローンでも連携を進め、三井住友カードの「Vポイント」をSBI証券のサービスなどで利用できるようにすることも検討する。

 三井住友側は、傘下にSMB…

この記事は有料会員記事です。残り420文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら