独自

調査委「異常な状況」 SMBC日興社員「非難されるいわれない」

有料会員記事

[PR]

 元副社長ら6人が起訴されたSMBC日興証券の株価操作事件をめぐり、社長も関連メールを受け取っていたことが分かった。調査委員会が報告書で明らかにする。調査委は「現場から経営レベルまで」規範意識が薄く、コンプライアンス(法令や社会規範の順守)部門の機能不全は「異常だ」とも指摘する見通しだ。

 調査委は元裁判官や元検事を含む弁護士3人で構成。幹部ら約70人への聞き取り、社内メールや音声データを分析してきた。

 日興関係者によると、調査委は、「不公正」と認定する「ブロックオファー(BO)」をめぐる取引について、起訴されていない近藤雄一郎社長の認識も検討した。

近藤社長「読んだかどうか、記憶がない」

 近藤社長は2021年、逮捕…

この記事は有料会員記事です。残り1150文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら