コロナ給付金詐取容疑、弁護士ら2人逮捕 弁護士検挙は初 広島県警

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナ対策の持続化給付金や家賃支援給付金をだまし取ったとして、広島県警は23日、弁護士の加島康介(47)=同県東広島市西条町田口=、会社役員の熊本俊二(56)=広島市南区東雲2丁目=の両容疑者を詐欺容疑で逮捕し、発表した。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 県警によると、弁護士が新型コロナ対策の給付金詐欺で検挙されたのは全国で初めて。

 捜査2課によると、両容疑者は共謀して2020年10月~12月ごろ、加島容疑者がホテル経営のために設立した会社の事業収入が減ったとする虚偽の内容で給付金を申請。会社の口座に両給付金を計約592万円振り込ませた疑いがある。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]