有権者に必要な視点 鷲山恭彦元東京学芸大学長

有料会員記事参院選2022

聞き手・長谷川智
[PR]

 7月10日投開票の参院選で、有権者が考えておきたい点は何か。ドイツ文学者で元東京学芸大学長、大日本報徳社(掛川市)社長の鷲山恭彦さん(79)に聞いた。

 ――ロシアのプーチン大統領

この記事は有料会員記事です。残り1242文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]