「生き延びられた」 母の連絡が支え 国境越えた番人が救いたい人々

有料会員記事ウクライナ情勢

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 とても静かな朝だった。

 2月24日、オリハ・ザウホロドニャさん(39)はウクライナの首都キーウ(キエフ)郊外の自宅にいた。

 携帯電話の電源を入れた。

 画面を見て、ぎょっとした。

 ものすごい数の着信があった。

 母や友人たちからだった。

 「爆発音は聞こえなかったし、携帯を見るまでは状況が分かっていなかった」

 砲弾がいつ降ってくるか分からない。

 焦燥感にかられ、すぐさまキーウにあるオフィスへ向かおうとした。

 終わらせなくてはいけない仕事があったからだ。

 いつもならバスに乗って20分ほどで着く。

 しかし、この日は無理だった。

 バスもタクシーも動いていなかった。

 道路はすべて封鎖され、母が暮らす実家への道も閉ざされていた。

 防空シェルターでその晩を過ごした。

 侵攻開始から2日後。

 買ってきた数週間分の食料を自宅の冷蔵庫にしまいながら、ふと思った。

 「本当にこのままでいいのだろうか? ずっと隠れて何もしない生活は耐えられそうにない」

 外出禁止となる午後5時が…

この記事は有料会員記事です。残り1344文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら