北朝鮮の前線部隊に任務追加 戦術核の実戦配備か 党中央軍事委員会

有料記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 北朝鮮朝鮮中央通信は24日、朝鮮労働党中央軍事委員会の拡大会議が21日から23日まで開かれ、前線部隊の作戦任務を追加し、戦争抑制力をさらに強化するための重大問題を承認したと伝えた。具体的な言及はないが、北朝鮮が前線に戦術核の実戦配備を進めるとの警戒感が、韓国で広がっている。

 同通信によると、会議は金正恩(キムジョンウン)総書記が指導。前線部隊に作戦遂行能力を高めるための重要軍事行動計画を追加し、国の戦争抑制力をさらに強化するための重大問題を承認した。そのための軍事組織の改編案も批准したという。韓国の専門家は、核弾頭を搭載できる新型の短距離弾道ミサイルを、韓国と対峙(たいじ)する前線に配備する計画と分析する。

 同通信によると、正恩氏は会…

この記事は有料記事です。残り378文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!