第2回「もの言える僕らが残っていたら」 観光船会社を去った男性の後悔

有料会員記事

[PR]

 なぜ、観光船「KAZUⅠ(カズワン)」は沈んだのか。海上保安庁は、観光船業者や漁師ら多くの地元関係者から聞き取りを重ねている。その対象となった関係者の証言から、水面下で進む捜査の一端がうかんできた。

 「船内に水が流れこんで、それが前方にたまったら水の逃げ道はない」

 知床遊覧船(北海道斜里町)の関係者である男性が、海保の職員にそう説明したのは、ゴールデンウィーク(GW)が明けて数日後のことだった。2度目の聞き取りのときだという。

連載「ルポ知床事故 証言からたどる」(全3回)

 北海道斜里町の知床半島沖で観光船が沈没した事故。船が出航する前に何が起きていたのか。海上保安庁は地元関係者への聞き取りで何を調べているのか。関係者の証言からたどる。

 事故があった4月23日にカズワンから寄せられた118番通報では、「船首が浸水している」「バッテリーがダメ」と伝えられていた。また運航会社には「船首が30度傾いている」との連絡があった。

 男性によると、カズワンの客…

この記事は有料会員記事です。残り1523文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら