「2年後はきっと、ここも…」学校やバーは次々と海に奪われていった

有料会員記事

フベメ〈ガーナ南東部〉=遠藤雄司
[PR]

 天井も壁も、床の一部さえも崩れ落ちた教室の黒板に、白いチョークで「2021年10月27日」と記してあった。

 教室がまだその形を保っていた頃、最後の授業が行われた日付だ。

 校舎の前には開けた砂浜が広がる。

 数十メートル先で、かつて校舎を襲った海が白波を立てていた。

 アフリカ西部ガーナの漁村フベメにあるフベメ・ローマカトリック初等学校。昨年11月、暴風による高潮で破壊された。

 漁師のラファエル・クワゾさん(40)は「学校が波にやられたのはこれで3度目だ」と、憤りを込めるように言う。

 迫り来る海から逃れるため、学校はこれまで2度、内陸に移転したが、それでも被害を防ぐことができなかった。

 移転前の校舎は、すでに村ごと海の下に消えている。

 ガーナの海岸沿いの村々が、波による海岸浸食によって年々地上から消えつつある……。

 そんな現状を伝えるテレビニュースを南アフリカの自宅で見て大変だと思い、取材しようと決めた。

 今年3月9日、その最前線となっている漁村フベメを訪れた。

消えたのは校舎だけではありません。記事後半では、深刻な海岸浸食の実態を動画でもお伝えします。

 フベメには、たどりつくだけ…

この記事は有料会員記事です。残り3080文字有料会員になると続きをお読みいただけます。