球児のテンプレ「自分たちの野球」、最初に使った? PL撃破の主将

有料記事

三島庸孝
[PR]

 甲子園でも自分たちの野球がしたい――。高校球児がよく口にする「自分たちの野球」。誰が最初に言い、全国に広がっていったのだろうか。

 そんな興味から記者が、朝日新聞の記事データベースで「自分たちの野球」と「高校野球」をキーワードに検索すると、所蔵の1984年以降の記事の中で、今年5月末までに5574件がヒットした。

 最初は、84年の全国高校野球選手権大会で「KKコンビ」(清原和博桑田真澄両選手)を擁したPL学園(大阪)を破り、初優勝を果たした茨城・取手二の吉田剛(たかし)主将の発言だった。

「自分たちの野球」を最初に使った?らしい吉田主将。現在の使い方に思うこととは。

 優勝翌日に朝日新聞大阪本社…

この記事は有料記事です。残り1327文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!