第3回知床の捜索で見つけたリュック 持ち主の「叫び」が聞こえた気がした

有料会員記事

[PR]

 北海道・知床半島の先端部分で、それらが見つかったのはウニ漁の最中だった。青色のジーンズに、灰色のタンクトップ、黒色のポーチ。潜水していたベテラン漁師が、水深7メートルほどの海底で発見した。

 5月18日のことだ。沈没した観光船「KAZUⅠ(カズワン)」の乗客の遺留品とみられた。知床半島先端部付近で唯一の避難港である文吉湾近くだった。

 ある地元漁協関係者は明かす。「潮だまりみたいなくぼみで見つかった。やぶけたりせず、きれいな状態だった」

連載「ルポ知床事故 証言からたどる」(全3回)

 北海道斜里町の知床半島沖で観光船が沈没した事故。船が出航する前に何が起きていたのか。海上保安庁は地元関係者への聞き取りで何を調べているのか。関係者の証言からたどる。

 その後、当日の服装から持ち主が乗客の男性とわかった。

 だが、この男性はいまも見つかっていない。海上保安庁は、この遺留品を頼りに周辺を捜索したが発見には至らなかった。

 知床沖の広大な海から、行方不明の乗客を捜す。事故の直後から、その手がかりとなってきたのが遺留品だ。そして、見つかるたびに、捜索に参加する人々は乗客に思いをはせた。

子ども用の救命具 「あれは予備用だ」

 事故翌日の4月24日。地元漁師による捜索では、岩場で子ども用の救命具が見つかった。「KAZUⅠ」と書かれている。

 その後、付近で捜索が続けら…

この記事は有料会員記事です。残り1128文字有料会員になると続きをお読みいただけます。