今年も到来したGの季節 札幌・円山公園に生息、意外なワケとは

有料会員記事

松尾一郎、戸田拓
【動画】暖かくなってきて札幌・円山公園に現れたヤマトゴキブリを捕獲する北海道大の研究者たち=戸田拓撮影
[PR]

 「ゴキブリがいない」といわれてきた北海道で確認されたのが、ヤマトゴキブリだ。生息するのは札幌市中央区の円山公園。札幌の気温が20度を超える日々が続くと、日没後にぞろぞろと姿を現し始める。6月22日、北海道大学の研究者による捕獲作業に同行した。

 「先生、飛んでいるのを初めて見ましたよ。オスは早く動きますね」

 「メスにしては大きいねぇ。クロゴキブリみたいだねぇ」

 夜の円山公園でそんなやり取りを交わしたのは、北海道大学電子科学研究所の西野浩史助教(神経行動学)と、北大大学院理学研究院の水波誠教授(行動神経生物学)。暗闇の中、ヘッドライトで木々の根元を照らしてヤマトゴキブリを探す。

道産子はゴキブリに優しい?

 虫網で木々にひっついたゴキ…

この記事は有料会員記事です。残り1009文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら