「ブギの女王」笠置シヅ子がモデル 来年度後期の朝ドラ「ブギウギ」

有料会員記事

照井琢見
[PR]

 2023年度後期に放送されるNHKの朝の連続テレビ小説が「ブギウギ」に決まった。NHK大阪放送局が6月24日、発表した。

 主人公のモデルは、笠置シヅ子(1914―85)。「ブギの女王」として知られる戦後の大スターで、その人生を再構成したオリジナル作品となる。

 ヒロインの花田鈴子は、香川生まれの大阪育ち。大阪の下町にある小さな銭湯の看板娘は、道頓堀にできた歌劇団へ。やがて始まる戦争や、幾多の苦難を乗り越え、スターへと駆け上がる。ヒロインはオーディションで決めるという。

 脚本は、足立紳さん。NHKドラマ「六畳間のピアノマン」「拾われた男」などを手がけた。

 足立さんは笠置シヅ子について、「生命力あふれる表情とダンスで踊り歌った『東京ブギウギ』という歌は、戦後、多くの日本人たちに『明るく前向きに生きる活力』を与えました」とコメント。

 「主人公の生きる姿を見ながら、いつの間にか『生きる活力』のようなものが少しでもみなぎってくるような作品になればうれしい」と意気込む。

 音楽を担当するのは、NHK大河ドラマ「真田丸」などを手がけた服部隆之さん。笠置の代表曲「東京ブギウギ」を作曲した服部良一の孫だ。

 服部さんは、「朝から視聴者の皆様にワクワク、ドキドキ、ブギウギを感じていただくべく、微力ながら頑張らせていただきます」とコメントした。

 撮影は来春スタートし、来秋から放送開始の予定。

焼け跡に明るいリズム

主人公のモデルとなる笠置シヅ子とは、どんな人物だったのだろうか。

 1985年3月、70歳で卵…

この記事は有料会員記事です。残り1133文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら