サザエさんの博多人形できた! 原作者・長谷川町子さんゆかりの地で

有料会員記事

杉山あかり
[PR]

 国民的アニメ「サザエさん」の博多人形が初めて作られた。

 原作者・長谷川町子さん(1920―1992)がかつて暮らした福岡市早良区の旧西新町が市に編入されて100年を迎えた記念として、制作された。

 人形ができるまでには、企画者の熱い思いと、地域の力があった。

 長谷川さんは、西新近くの百道浜(現・早良区)の海岸を散歩しながら、サザエやカツオといった登場人物について考えたという。

 早良区は「サザエさん通り」を設けるなど、「サザエさん一家」をモチーフとしたまちづくりを進めている。

博多人形に合う「サザエさん」って?

 「西新町100年記念事業実行委員会」の会長、鳥巣勲さん(71)は、5年前からサザエさんの博多人形を作りたいと考えていた。

 そこで、著作権をもつ長谷川…

この記事は有料会員記事です。残り728文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら