トヨタ、辞任の元役員が復帰 7年前に麻薬輸入容疑で逮捕、不起訴に

有料会員記事

近藤郷平
[PR]

 トヨタ自動車の元常務役員で2015年に辞任したジュリー・ハンプ氏が、北米トヨタの「シニアメディアアドバイザー」として20日付で復帰したことがわかった。広報戦略などを担う。

 ハンプ氏は15年4月にトヨタ初の女性役員に起用されたが、同年6月、麻薬取締法違反(輸入)容疑で警視庁に逮捕され、辞任していた。ハンプ氏は麻薬成分を含む錠剤を輸入したが、容疑を否認。「腰やひざの痛みを緩和するために必要だった」などと話し、東京地検不起訴処分(起訴猶予)とした。

 ハンプ氏は、米自動車大手ゼ…

この記事は有料会員記事です。残り87文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら