京アニ放火、慰霊碑建立の検討委を設置 会社が遺族らと議論へ

有料会員記事

[PR]

 36人が犠牲になった京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、京アニ側が、慰霊碑の建立を検討する委員会の設置を決めた。関係者への取材でわかった。犠牲者をどのように追悼するか、遺族にも参加してもらって議論する。

 関係者によると、検討委は京アニ側の代表や遺族ら計17人で構成。慰霊碑の建立について月に1回程度、委員会を開き、議論の内容を、参加していない遺族らと共有するという。

 地元町内会は2019年12月、「平穏が壊され、生活に支障が出る」として、跡地に不特定多数の人が訪れるような公園や慰霊碑、石碑などを造らないよう、京アニ側に求めていた。

 京アニは昨年12月、慰霊碑…

この記事は有料会員記事です。残り114文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら