京大元研究員の論文不正を認定 画像に捏造「見た目よくしたかった」

竹野内崇宏
[PR]

 京都大は24日、大学院理学研究科に2011年まで所属していたパン・リアンウエイ元特定研究員が08~12年に学術誌に発表した論文5本について、計11枚の画像に捏造(ねつぞう)・改ざんの研究不正があったと発表した。論文の撤回を勧告し、関係者の処分を検討するという。

 発表によると、植物中のたんぱく質に関する論文について20年11月、不正の指摘が寄せられた。調査した結果、図の濃さの改ざんや、実験の元データにない画像を挿入する捏造などが確認された。パン氏は単独で作成したと認め、「見た目をよくしたかった」と説明しているという。

 5論文の責任著者である鹿内利治・同大教授についても「責務を果たしていなかった」と認定した。いずれも科学的な結論には影響しないとしている。

 大学は「全学をあげて再発防止に取り組む」、鹿内教授は「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」とそれぞれコメントした。(竹野内崇宏)