鼻炎薬「プレコール」58万個を自主回収 健康被害の報告なし

村上晃一
[PR]

 第一三共ヘルスケアは24日、鼻炎薬「プレコール持続性鼻炎カプセルLX」と「プレコール持続性鼻炎カプセルL」を自主回収すると発表した。回収対象は約58万8千個。定期的な調査で、有効成分である無水カフェインの溶け出す早さが、基準を超えているものが見つかったという。

 同社は、製品を使っても重篤な健康被害が起きる恐れはなく、これまでに健康被害の報告もないとしている。回収対象は、使用期限が2022年6月から24年12月までの製品。今月14日に出荷を止め、出荷再開の時期は未定としている。

 回収に関する問い合わせ先は同社の回収センター(0120・203・278)。平日午前9時~午後5時。6月25、26日も受けつける。(村上晃一)