第1回水原希子さんの#MeToo 性被害のない映画界へ「声上げ一歩を」

有料記事

聞き手・佐藤美鈴
[PR]

 映画界で性暴力の告発が相次いだことを発端に、文化芸術界を中心に「私も」と声を上げ、また被害者を支え連帯しようとする動きが広がりつつあります。俳優やモデルとして活躍する水原希子さん(31)も、悩み苦しみながら、自身の体験について語った一人。「声を上げられる人が声を上げて連帯していくことが、まず第一歩」と話します。米国の映画界から世界を変えた#MeTooムーブメントが、日本の文化芸術界でも起き始めています。

みずはら・きこ

1990年、米国生まれ。2010年、映画「ノルウェイの森」で俳優デビュー。出演映画に「へルタースケルター」「進撃の巨人」「あのこは貴族」など。モデル、デザイナーとしても活躍。インスタグラムで約680万人のフォロワーがいる。18年に所属事務所から独立し、個人事務所で活動している。

 ――映画など文化芸術界で、性暴力の告発が相次いでいます

 「芸能界に入って十数年経ちます。もちろんすべてを知っているわけではないですが、様々な話を聞いていて、例えば映画の撮影でセクシュアルなシーンがあったとき、プロデューサーや助監督が立場を使って無理やり現場に入ってきて、嫌な思いをしたという話や、共演者である大御所の俳優に自分は(陰部を隠す)前貼りを貼らないと主張され、「お芝居のため」と言われると嫌だと言い出せなかった、という話も聞きました。ある監督と仕事したけどセクハラされて嫌だったとか、気をつけたほうがいいとか、仲間の中ではそういう話は常にありました」

 「問題はずっと存在していたと思うけど、ようやくちょっとずつ声を上げる動きが出てきた。もっとちゃんと問題を皆で認識して、映画業界、芸能界全体が変わっていけるような形になっていくのであれば、やっぱり声を上げることはすごく意味があると思います」

映画業界にいられなくなったとしても

 ――今回、水原さんも自身の体験について週刊誌やSNSなどで発信しました

 「出演した作品で、プロデューサーからアンダーヘアを出すよう繰り返し要求され、『見せません、見せる必要を感じていません』と伝えても、『見せられないのであれば、剃(そ)ってウィッグをつけるのはどうか』と言われ、危機感を感じました。今回、声を上げることに関しては、すごく悩んだんです。でも、そのプロデューサーについて別の女性たちが告発した記事を見たとき、衝撃を受けました。私より、もっと深刻でもっと悪質で、ショックを受ける内容だった。この告発を無駄にしないで、(自分も)ちゃんと起きたことを話したほうがいいと思った。そして何より、今後同じような被害を受ける方が出ないためにも、自分の名前やヌードになったことを前例のように使われるようなことがないように、今言おうと思ったんです」

 映画界で性暴力やハラスメントの告発が相次いだことを発端に、文化芸術界で「#MeToo」の動きが広がりつつあります。問題の背景に何があるのか、今何ができるのか。声を上げた人、被害者を支え連帯する人たちに聞きました。

 《※朝日新聞はプロデューサーに取材を申し込みましたが、記事の配信までに回答はありませんでした》

 「でも、とにかく苦しくて…

この記事は有料記事です。残り3782文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    能條桃子
    (NoYouthNoJapan代表)
    2022年7月1日22時39分 投稿
    【視点】

    まずは勇気ある発信や周りの人たちをエンパメントしてくれていることに感謝したいです。同時に、声を上げた人たちを周りがどうサポートできるのか、同じ側に立って連帯を示せるのか、改めて考えたいと思った記事でした。 ここ最近、映画界だけでなく、SN

  • commentatorHeader
    前田育穂
    (朝日新聞文化部次長=ジェンダー)
    2022年6月30日23時13分 投稿
    【視点】

    映画界における性暴力やハラスメントにまつわる、示唆に富むインタビューシリーズです。一般企業にも参考になる点が多いと思いますので、ぜひ多くのビジネスパーソンの方に読んでいただけたら嬉しいです。 この記事で印象的だったのは、水原さんの勇気

連載声をつなげて 文化芸術界から#MeToo(全15回)

この連載の一覧を見る