第5回自民、非核三原則堅持の賛成派が過去最低に ウクライナ侵攻が影響か

有料会員記事参院選2022

岡村夏樹
[PR]

 核兵器を「持たず」「つくらず」「持ち込ませず」の非核三原則の堅持について参院選候補者に尋ねたところ、自民党で賛成派が初めて7割を切り、同じ質問を始めた2007年以降で最低となった。岸田文雄首相は「核なき世界」をめざすとするが、ロシアのウクライナ侵攻で核の脅威が再確認されたことが党内に影響しているとみられる。

 朝日新聞社と東京大学・谷口将紀研究室の共同調査でわかった。候補者545人中、公示の6月22日までに回答した512人を分析した。回答率は94%。

 調査では、非核三原則の堅持…

この記事は有料会員記事です。残り686文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載朝日・東大共同調査(参院選2022)(全30回)

この連載の一覧を見る