狭山茶の本場めぐり2市に不穏な空気 初摘み、条例でつばぜり合い

有料会員記事

岡本進
[PR]

 狭山茶をめぐり、地元の入間、狭山両市がつばぜり合いを演じている。生産量で圧倒しているのは入間市だが、狭山市が主産地と思っている人は少なくない。「本場」を自負する入間市が勝負に出た。

 入間市の杉島理一郎市長が「おいしい狭山茶大好き条例」(仮称)を制定すると明らかにしたのは、5月27日の記者会見だった。「入間市は、狭山茶の『誕生の地』であり、最大の『主産地』です」。条例案は、こんな一文で始まる。

 市内にある茶農家は100軒を超す。国の調査によると、2020年時点で493ヘクタールあった県内の茶の栽培面積のうち、半分を入間市が占める。2位は所沢市で、3位の狭山市は入間市の4分の1にも届かない。県の茶業研究所も茶業協会も入間市にある。

 両市の間に不穏な空気が流れたのは今年4月。初摘みの際の出来事がきっかけだ。入間市で最も早い摘み取りには例年、市長が出向き、風物詩のニュースとして取り上げられてきた。同じ日に今年は狭山市が初摘みをし、各メディアに案内を出したのだ。そのことを現地で知った杉島氏は「なんで」と顔をしかめた。

 緑茶づくりは、埼玉と東京に広がる狭山丘陵の周りの旧入間郡などで盛んになった。しかし、狭山丘陵からやや離れた町村が1954年に合併し、市名を「狭山市」とした。狭山丘陵に近い町村が、入間郡の地名から「入間市」として誕生したのは、その12年後だ。

 このねじれのため、入間市に…

この記事は有料会員記事です。残り545文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら