飲食や旅行など非製造業が改善見通し 6月の日銀短観 14社が予測

有料会員記事

細見るい
[PR]

 日本銀行が7月1日に公表する6月の全国企業短期経済観測調査(短観)について、民間調査会社14社の業況判断指数(DI)の予測が出そろった。新型コロナウイルスの影響が小さくなり、飲食や旅行などを中心に非製造業のDIが改善する一方、原材料価格の高騰などで製造業は悪化しそうだ。

 DIは景気が「良い」と答え…

この記事は有料会員記事です。残り323文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら