シングルマザーを直撃した物価高 生活費は月8万円、買えない必需品

有料会員記事

佐藤英彬、北川慧一
[PR]

 総務省が24日発表した5月の消費者物価指数(2020年=100)は、値動きの大きい生鮮食品をのぞいた総合指数が101・6で、前年同月より2・1%上昇した。資源高を主因に身近な商品の値上げが相次いでおり、特に低所得者への家計への打撃が深刻だ。

 神奈川県に住む30代の女性は、6歳の長男と2人で暮らすシングルマザー。勤め先の旅行関連会社の業績がコロナ禍で悪化し、収入が半減した。今の手取りは月約14万円。家賃を除いた8万円ほどで毎月の生活をまかなうのは簡単ではなく、200万円ほどあった貯金が数十万円に減ってしまったという。

 普段の買い物は、買いすぎを防ぐためにネットスーパーを使う。予算は月2万円。少しでも安いものを選ぶよう心がけているが、その努力を物価高が難しくしている。

 例えば、子どもが大好きな食パン。ホームベーカリーを使って手作りするのが日課だが、5月の消費者物価指数でみると、材料となる小麦粉は前年同月比で15・4%、砂糖は6・4%上昇した。それでも、市販品を買うのに比べれば安くつくのでパン作りは続けているが、揚げ物などに使う食用油は購入を減らしたという。大豆や菜種などの高騰により、食用油は36・2%も上がっている。

 「子どもの成長や栄養バラン…

この記事は有料会員記事です。残り715文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    遠藤謙
    (エンジニア)
    2022年6月26日9時39分 投稿
    【視点】

    庶民感覚の少ない与党政治家が中心にやっているアベノミクスに代表される経済成長政策。その割に欧米諸国と比較して全く成長できない日本企業。それでも産業成長を優先する岸田政権。不満が爆発した国民がトランプを国の代表にできてしまう大統領制とは違い、