議員が議会でポルノ視聴、辞任… 英与党、下院補選で連敗

有料会員記事

ロンドン=金成隆一
[PR]

 英下院の補欠選挙が23日、二つの選挙区で実施され、ジョンソン首相率いる与党・保守党が連敗した。ジョンソン氏は新型コロナ規制下の官邸パーティー問題を受け、党内で4割超の不信任票を突きつけられたばかり。選挙の強さが看板だっただけに、今回の連敗で求心力をさらに失いそうだ。

 英公共放送BBCによると、南西部ティバトン・ホニトン選挙区は1997年以来、保守党が連勝してきたが、今回は自由民主党の候補が勝利した。同選挙区では、保守党の現職議員が議会でポルノを視聴したことを認めて辞任していた。

 中部ウェークフィールド選挙区は32年以来、労働党の地盤だったが、2019年に保守党が勝利。今回は労働党候補が奪還した。同選挙区では、元保守党の現職議員が未成年者への性的暴行で有罪判決を受けて辞任していた。

 今回の補選は、ロシアによる…

この記事は有料会員記事です。残り194文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら