亀田誠治 心が整う 僕のパワースポット きっと大丈夫

有料会員記事

[PR]

 我が家のお墓は都心にある。だからお彼岸やお盆、命日といった特別な日でなくても思い立ったらいつでもお墓参りができるのだ。

 今日もスタジオへ入る前に30分くらい時間があったのでお墓参りに行った。「いとこライン」という親戚をつなぐLINEグループがあって「今日お墓参りに行ってきました!」なんて送ると「誠治くんは親孝行でご先祖様を大事にして偉いねぇ…」なんて返ってくるのだが、実のところ僕のお墓参りはいい歳(とし)しての「困った時の親頼み」というのが現状だ。家族やスタッフの健康を願い、子どもたちの幸せを願い、仕事が困難な状況を激白!する。墓石の前で「お父さん、お母さんどうぞ見守ってください」「僕に力を貸してください」とお願いベースで手を合わせている。両親は空になり、僕は大地に立つ小さな生き物で、いつまで経っても親に甘えっぱなしなのが少し恥ずかしい。

 しかしそんな親頼みのお墓参…

この記事は有料会員記事です。残り1156文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら