ヨシヒコがショウダを蹴ったわけ カープ黄金期支えた「確執」の真相

有料会員記事

奥村智司
[PR]

 「実は、僕たちこう見えて…」。そんな意味深なタイトルのトークショーがこのほど、山口市であった。登壇したのは、1980年代後半に広島カープの二遊間を支えた高橋慶彦さん(65)と正田耕三さん(60)。ファンの一部で取り沙汰されていた2人の「確執」の真相を語った。

 「ショウを蹴ったことですかね」。まずは現役時代の思い出話を、と司会に水を向けられた高橋さんは、開口一番こう言って会場をざわつかせた。

 練習中、ヨシヒコがショウダに跳び蹴りを見舞った――。一部のカープファンの間ではそんな話がつとに知られ、2人の「確執」が取り沙汰される原因になっていたようだ。ネットには「犬猿の仲」という書き込みもあった。

正田さんが少年野球チームの臨時コーチとして山口市を毎年訪れている縁で、6月18日に企画が実現した。正田さんが対談の相手として連れてきたのが高橋さんだった。

 事の顚末(てんまつ)を、高橋さんは球団の「伝統」から語り起こした。

 高橋さんが入団した1975…

この記事は有料会員記事です。残り1606文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら