てるてる坊主でウクライナの平和願う 奈良・五條の「晴れ祈願」の寺

有料会員記事

西畑志朗
【動画】ウクライナの平和願うてるてる坊主=西畑志朗撮影
[PR]

 「戦争が早く終わりますように」「ウクライナに平和を」――

 「晴れ祈願の寺」として知られる奈良県五條市の生(しょう)蓮(れん)寺(じ)の境内に、900体以上のてるてる坊主が所狭しと飾られている。寺が新型コロナ禍の終息、健康祈願などとともに、「ロシアのウクライナへの侵攻が終わり、世界が晴れやかになることを祈りたい」とホームページなどで呼びかけた。28日までに約950体が全国から寄せられたという。ウクライナの国旗をイメージした青や黄色のてるてる坊主もあった。

 生蓮寺は、弘法大師・空海が…

この記事は有料会員記事です。残り183文字有料会員になると続きをお読みいただけます。