第3回【写真まとめ】祇園祭で巡行する34基の山鉾

西田健作、北村有樹子
[PR]

 日本三大祭りの一つで、7月に京都市で開かれる祇園祭では、3年ぶりに山鉾(やまほこ)が市中心部をめぐる「山鉾巡行」があります。「休み山」になっていた鷹山が196年ぶりに本格復帰し、山鉾の数は計34基となり、かつてに近い形で実施されます。その姿を眺めるだけで楽しめる山鉾ですが、それぞれの形や飾りは、中国や日本の故事などに由来しています。34基にまつわる物語を写真とともにたどります。

 掲載順は、7月2日のくじ取り式で決まった今年の巡行順です。山鉾の写真をクリックすると、それぞれの物語がご覧いただけます。西田健作、北村有樹子)

連載復活 祇園祭2022(全25回)

この連載の一覧を見る