「最後のとりで」リシチャンスクをロシア軍が包囲 攻防の焦点に

有料会員記事ウクライナ情勢

福山亜希=リビウ、佐藤達弥、清宮涼=ワシントン
[PR]

 ロシア国防省は24日夜、東部ルハンスク州でウクライナ軍を撃破し、リシチャンスクを包囲したとSNSで発表した。隣接する激戦地セベロドネツクでは、ウクライナ軍がすでに撤退を始めた。ロシア軍はルハンスク州の大部分を制圧しており、今後の戦闘の焦点は、ウクライナ軍の最後のとりでとなっているリシチャンスクを巡る攻防に移っている。

 ウクライナ軍参謀本部によると、ウクライナ側は24日、リシチャンスク郊外でロシア軍を撃退したが、ロシア軍はその後、砲撃で反撃。戦闘は続いているとしている。

 ウクライナの国営通信ウクルインフォルムによると、ロシア軍はリシチャンスクへの空爆の回数を大幅に増やしており、周辺の地域では多くの建物が破壊されている。ウクライナ軍を包囲して、主要な物流のルートを遮断する狙いがあるとみられている。

 同州のハイダイ知事は24日…

この記事は有料会員記事です。残り800文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら