各地で朝から猛暑日、127地点で今年一番の暑さ さらに上昇予想

[PR]

 東日本を中心に高気圧に覆われた25日は、南から暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、朝から関東地方を中心に気温が35度以上を上回る地点が相次いでいる。

 気象庁によると、午前10時40分現在の気温は、群馬県高崎市で36・5度、東京都青梅市35・7度、前橋市35・6度と各地で35度以上の「猛暑日」を記録。ほかにも、東京都八王子市群馬県伊勢崎市埼玉県鳩山町、三重県尾鷲市などで猛暑日となっている。

 午前の時点で30度を上回ったのは全国914の観測点中、258地点。東京都練馬区で34度、愛知県大府市で33・2度など127地点では今年一番の暑さとなった。

 25日は、午後はさらに気温が上昇する見通し。予想では、埼玉熊谷市で39度、前橋市で38度、宇都宮市が37度。福島市長野市水戸市甲府市で36度、東京都心で35度など。

 気象庁は熱中症への対策を取るよう呼びかけている。